使い勝手とおしゃれの両立!押さえておくべき間取りのポイント。

キッチンを対面にしたりアイランドタイプにする

家づくりをするとき、キッチンとダイニングのスペースにこだわりたい人は多いです。最近は夫婦共働きが多く、女性だけがキッチンに立つわけではありません。男性もそれなりに使いやすいキッチンを望みます。さらに子供と一緒に料理ができる空間を作りたいと考えます。スペースの効率を考えると、壁に面したキッチンになるのでしょう。ただ、オシャレで使いやすいキッチンとなると対面キッチンがいいかもしれません。ダイニングの方を向いて料理を作ったり後片付けができます。キッチンの中にいても、家族と会話をしたり家族の様子が分かります。広さがあるならアイランドキッチンも可能です。家族だけでなく、友人などと一緒に料理を作ったりが可能になります。

洋室と和室の組み合わせ

日本家屋といえば、かつては和室が基本でした。でも今のマンションは洋室がメインで、和室が一切なかったり、窓のない小さい部屋を和室にしたりが多くなっています。家づくりにおいては、もちろん和室と洋室の割合は自由に決められます。和室は畳の上に直接座れるので開放感があります。一方で洋室は椅子やソファーなどでリラックスができます。そこで、洋室と和室をうまく組み合わせた間取りを考えてみましょう。メインのリビングは洋室で、テレビやソファーなどを置きます。そしてそのリビングに扉の仕切りをした和室を繋げます。扉を閉めれば洋室と和室でそれぞれ使え、扉を開けば一体化した部屋として使えます。ソファーに座るもよし、畳の上に座るもよしです。

© Copyright Livable Land. All Rights Reserved.