家族全員が幸せに暮らせる二世帯住宅の作りかた。

二世帯住宅にするメリットを理解しよう

二世帯住宅で、いずれかの両親と同居しようと考えている方もいることでしょう。二世帯住宅にすることで、三世代が一緒に生活することができ、特に子供が小さい間は、両親が不在であっても祖父母が子供の面倒を見ることができます。そのため、特に共働きの両親にとっては、子供だけ家に残すという時間を大幅に減らすことができ、祖父母にとっても孫の成長を近くで見ることができるというメリットがあります。もちろん、一緒の場所に住んでいることで、土地建物の取得費や固定資産税など住居の維持管理にかかる支出、水道光熱費などを減らすこともできます。こういったメリットがあることから、二世帯住宅を検討しているという方が増えているのです。

注意しなければならない点も

ただし、二世帯住宅に住むことはいいことばかりではありません。たとえ実の両親であったとしても、お互いに大人となり、家族がある立場となっているため、キッチンや浴室を一緒にすると些細なことでもめてしまうことがあります。また祖父母にとって孫の世話をするというのは、想像以上に身体的な負担が大きく、毎日のように孫の面倒を見るのは無理なことだと考えておいた方が良いかもしれません。大きなトラブルに発展しないように、適度な距離を保ちながら、お互いの好みを取り入れた二世帯住宅にするようにしましょう。祖父母は1階、両親と子供家族は2階以上というように、フロアごとにそれぞれの空間を作るようにする方が、お互い干渉せずに済むのではないでしょうか。

© Copyright Livable Land. All Rights Reserved.